2007年06月20日

キャッチボールから始めよう

ボールを投げる、捕るは基本中の基本になります。
その前に、道具の使い方として大事なことは
次のようになります。

グローブの使い方
まず、キャッチボールをするのに必要なのが、グローブですね
グローブのはめ方は、手をしっかり指の先が奥まで入るようにします。


ボールの握り方
そして、ボールの握り方は、指が縫い目にひっかかるように
常に、縫い目に指がのっているようにします。


そうすることで、正確にボールを投げれるようになります。


投げる
投げるといっても腕だけでボールを投げるのではありません。

身体全体を使って投げます。
特に下半身が重要で、足を大きく踏み出して体重移動で
ボールを投げます。


投げたい方向に大きく足を踏み出して、胸を張った状態から
投げます。


肘が耳の高さぐらいまで上げ、指でボールを押す感じです。


相手をみて特に、投げる所相手の胸を目掛けて投げます。
相手の胸あたりに投げるのが基本です。

胸で捕ると受け取りやすくなります。


捕る
ボールをキャッチする時は、身体の中心で取るようにします。
その為には、足を使うことが重要ですね。


ボールをとる時は、両手で捕るようにします。
グローブに片方の手を添えますね


グローブでボールを捕る時は、グローブの中心になる
親指と人差し指で捕るようにして、小指で包むようにします。


グローブのネットのところで捕ると、次に送球するときに
すばやく動きにくいですし、

手のひらのところで、捕るとボールが捕りにくく
こぼしやすくなりますね。


キャッチする側の足を踏み出して捕ります。
ひざを軽く曲げて、重心を下げると安定しますね。


そうすることで、次に送球する時にステップしながら、
無駄なくスムーズに送球できますね。


野球を始めたい!野球のバッティング・走塁編
野球を始めたい!野球の守備編
posted by 野球を始めたい at 18:57| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠投をしよう

次のステップアップとして、ボールを遠くへ投げることが
大切になってきます。


遠投することによって、方の可動範囲が広くなって
肩が丈夫になりますね。


遠くに投げるためには、重心を後ろにためて投げます。
このときお尻が投げる方向を向くようにします。


後ろの足から前の足へ大きく踏み出し、重心移動をします。
後ろの足で地面を踏みこんで、前足の方に伝えます。


胸をしっかり張って、手は大きく上に振り上げます。
角度は少しうえをの方向に、投げますね。


この時、空を見ながら投げないで視線は投げたい方向
目標に向かった投げます。


更に遠くになげる場合は、助走つけて投げますが、
スピードをつけすぎると投げにくかったり、
コントロールが乱れる原因になるので、ゆったりと
身体を大きく使って投げるようにしましょう。


福祉住環境コーディネーターについて
福祉住環境コーディネーターの資格を取得する
福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格はこれから
posted by 野球を始めたい at 18:54| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正確に投げましょう

近くの相手にも正確に投げれるようにしていきます。

後ろ足を引いて、前足を小さくステップします。
前足を軽く踏み出して、腕も軽く振りかぶります。


モーションを小さくして、相手を見ながら投げます。
近くであってもゆるく投げるのではなく、まっすぐに
投げるように心がけましょう。


もう一つの投げ方として、アンダートスがありますが、
下から投げます。


低い姿勢で、重心移動が大事になります。
低い姿勢で、投げたい方向に前足をステップして
ひざを曲げたまま前に体重移動しながら投げます。


手首を使ったり腕を振って投げるのではなく、下半身を
使って投げるのが重要ですね。


ボールも放物線にならないように気をつけましょう


サッカーがしたい!初心者に キック編
サッカーがしたい!初心者に テクニック編
サッカーがしたい!初心者に ディフェンス編
posted by 野球を始めたい at 18:49| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッチャー

投げる動作の基本と同じで、重心移動と腰の回転を使って
投げます。いかに身体を使ってボールに力を伝えるかが
ポイントになってきます。


下半身でためてステップで重心移動、腰の回転から腕の振り
へと伝えていきましょう。


ピッチングでのボールの握り方は、人差し指えと中指を
ボールの縫い目にあてて、親指は曲げてボールを握ります。
そうすることでキレのあるボールが投げれますね。

野手の握り方とは違います。


投球フォーム(右投げ)

1、両腕を振り上げて、軸足をプレートと平行にして置きます。
斜めになると投げる力の方向が、ズレてしまいますね。


軸足をまっすぐに伸ばして左足を上げていきます。
軸足に体重を乗せて、お尻から前に出していきます。


足の位置から頭の位置は、まっすぐになっているように
気をつけます。


2、お尻から前に、軸足に乗っている体重を移動させ
腰の回転を使って投げていきます。


左足のかかとから地面につけていき、軸足とひざにかかっている
重心、腰の回転を使ってボールを投げる力を出していきます。


左足のひざは内側を向いているようにします。
外側に向いていると、上体が前にいってしまって
力が抜けてしまいますから注意しましょう。


腕に関しては、ひじから前腕、そして手首を使って投げていきます。


手首には力を入れないで、ボールを軽くもって
肘を曲げながら、上に上げていき前腕と手首を返していきます。


左手の使い方としては、ひじは伸ばしてグローブを
まっすぐキャッチャーに向けます。
グローブの手のひらは、一塁の方向に向いています。

右腕を上げた時に、グローブを引き込み、投げる時に脇に抱えます。


3、最後フィニッシュに、フォロースルーが大事ですね。

ボールに力を乗せていき、指先で回転を与えます。
手のひらは、腕を捻りながら外側を向けていきます。

ボールを投げたら腕を左ひざの外側を通します
地面をするぐらい腕を振りましょう。


理学療法士について
理学療法士の資格を生かす職場
理学療法士の生活環境
理学療法士になるための目標設定
posted by 野球を始めたい at 18:48| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投げ方の種類

基本的によくみる投げ方が、オーバーハンドといって
腕を立てに振って投げるやり方と


ななめに腕を振りおろす投げ方、スリークォーター
横から腕を出して投げる、サイドスローという投げ方が
ありますね。


ほとんどがオーバーハンドの投げ方になりますが
人によっては、筋肉や体格によってサイドスローや
スリークォーターの投げ方の方があっている場合もありますね。


特徴としては、オーバーハンドの投げ方は、腰を回してから
腕を振り下ろすのに対して、サイドスローやスリークォーターの
投げ方は、腰の回転と一緒に腕や手首を使って投げますね。


自分にあった投げ方を探してみたり、指導者と話し合って
選んで下さいね。
posted by 野球を始めたい at 18:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランナーがいる場合の投げ方

・セットポジション
試合では、ランナーを背負う場合も出てきますから
その時の投げ方としては、両腕を上げません。

両腕を上げていると時間がかかって、盗塁を許してしまいます。


・クイックモーション
セットポジションより更に、短時間でボールを投げます。
足を上げないで、左足を前に軸足は、少し曲げて、そのまま左足を
ステップしていきます。

足を上げずに投げるので、球威は落ちますね。

注意点として、セットポジションで必ず停止するように
しないと反則(ボーク)をとられますから


一塁へのけん制球
右投手
一番投げる機会の多い一塁へのけん制球は、
プレートをはずして投げる場合とプレートを
はずさないで投げる場合がありますね。


プレートをはずさないで投げる場合は、一塁に
投げないとボークになります。
投げるふりもボークになります。


左投手
左投手の場合は、有利ですが踏み出した足を
しっかり一塁に向けていないとボークになりますね。

少しでもななめになっている場合でもボークです。


二塁へのけん制球

二塁へのけん制球は、左、右投げであっても半回転
して投げないと投げれませんね。


右回り、左回りとあるので、両方で投げれるように
練習する必要があります。


軸足は、プレートにおいたまま動かさずに、前足を後ろに
回転させ二塁方向に投げます。


プレートをはずす場合も、二塁方向にはずしますが、
本塁方向にはずすとボークになります。


三塁へのけん制球

暴投すると得点をあてえてしまうので、動きを止めれるように
意識することが重要です。あわてずすばやく投げる


足を上げないで投げる時は、プレートをはずして投げます。
足を上げて投げる場合は、三塁方向に踏み出して投げます。


posted by 野球を始めたい at 18:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。