2007年06月20日

キャッチボールから始めよう

ボールを投げる、捕るは基本中の基本になります。
その前に、道具の使い方として大事なことは
次のようになります。

グローブの使い方
まず、キャッチボールをするのに必要なのが、グローブですね
グローブのはめ方は、手をしっかり指の先が奥まで入るようにします。


ボールの握り方
そして、ボールの握り方は、指が縫い目にひっかかるように
常に、縫い目に指がのっているようにします。


そうすることで、正確にボールを投げれるようになります。


投げる
投げるといっても腕だけでボールを投げるのではありません。

身体全体を使って投げます。
特に下半身が重要で、足を大きく踏み出して体重移動で
ボールを投げます。


投げたい方向に大きく足を踏み出して、胸を張った状態から
投げます。


肘が耳の高さぐらいまで上げ、指でボールを押す感じです。


相手をみて特に、投げる所相手の胸を目掛けて投げます。
相手の胸あたりに投げるのが基本です。

胸で捕ると受け取りやすくなります。


捕る
ボールをキャッチする時は、身体の中心で取るようにします。
その為には、足を使うことが重要ですね。


ボールをとる時は、両手で捕るようにします。
グローブに片方の手を添えますね


グローブでボールを捕る時は、グローブの中心になる
親指と人差し指で捕るようにして、小指で包むようにします。


グローブのネットのところで捕ると、次に送球するときに
すばやく動きにくいですし、

手のひらのところで、捕るとボールが捕りにくく
こぼしやすくなりますね。


キャッチする側の足を踏み出して捕ります。
ひざを軽く曲げて、重心を下げると安定しますね。


そうすることで、次に送球する時にステップしながら、
無駄なくスムーズに送球できますね。


野球を始めたい!野球のバッティング・走塁編
野球を始めたい!野球の守備編
posted by 野球を始めたい at 18:57| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。