2007年06月20日

ランナーがいる場合の投げ方

・セットポジション
試合では、ランナーを背負う場合も出てきますから
その時の投げ方としては、両腕を上げません。

両腕を上げていると時間がかかって、盗塁を許してしまいます。


・クイックモーション
セットポジションより更に、短時間でボールを投げます。
足を上げないで、左足を前に軸足は、少し曲げて、そのまま左足を
ステップしていきます。

足を上げずに投げるので、球威は落ちますね。

注意点として、セットポジションで必ず停止するように
しないと反則(ボーク)をとられますから


一塁へのけん制球
右投手
一番投げる機会の多い一塁へのけん制球は、
プレートをはずして投げる場合とプレートを
はずさないで投げる場合がありますね。


プレートをはずさないで投げる場合は、一塁に
投げないとボークになります。
投げるふりもボークになります。


左投手
左投手の場合は、有利ですが踏み出した足を
しっかり一塁に向けていないとボークになりますね。

少しでもななめになっている場合でもボークです。


二塁へのけん制球

二塁へのけん制球は、左、右投げであっても半回転
して投げないと投げれませんね。


右回り、左回りとあるので、両方で投げれるように
練習する必要があります。


軸足は、プレートにおいたまま動かさずに、前足を後ろに
回転させ二塁方向に投げます。


プレートをはずす場合も、二塁方向にはずしますが、
本塁方向にはずすとボークになります。


三塁へのけん制球

暴投すると得点をあてえてしまうので、動きを止めれるように
意識することが重要です。あわてずすばやく投げる


足を上げないで投げる時は、プレートをはずして投げます。
足を上げて投げる場合は、三塁方向に踏み出して投げます。


posted by 野球を始めたい at 18:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。